PMSや冷え症対策は食事から|食品とサプリの選び方を知りましょう

短髪のレディー

食事から体調改善を図る

サプリメント

肥満になってしまう原因として、コレステロールが頻繁に挙げられます。しかし、コレステロールにも種類があり、全て肥満の原因になるというわけではないのです。コレステロールの中には、身体に害のないものもあります。それは一般的に善玉コレステロールといわれており、肥満の原因とはなりません。では、肥満の原因がなんなのかというと、それは悪玉コレステロールと呼ばれるものです。悪玉コレステロールが身体に溜まってしまうと、高血圧や動脈硬化を促してしまう可能性があります。そのため、悪玉コレステロールが身体に溜まらないように、栄養価の高い食品を摂取することが大切なのです。

悪玉コレステロールを下げるためには、DHAなどが配合されている食品を多く食べると良いでしょう。例えば、青魚などに多く含まれています。日本では多くのスーパーで青魚が売られているので、手軽に購入することができます。焼いて食べることも出来ますし、煮付けなどにして味付けをすることもできます。しかし、人によっては青魚が苦手だという人もいます。独特の匂いなどがどうしても苦手で食べれないという場合があるので、苦手な人は好んで青魚を食しません。そうなってしまうと、悪玉コレステロールは下がらないので、他の対策を摂る必要があります。そこで、簡単に摂取できる食品としてサプリメントがあります。DHAだけではなく、EPAを摂取することもできますし、若い人から高齢の人まで誰でも気軽に食べることが出来ます。日頃から運動などを行いつつサプリメントを摂取すれば、より悪玉コレステロールが下がることでしょう。